家庭用エアコンで日立と三菱のエアコン性能比較

家庭用エアコンにて大手メーカーである三菱電機の製品と日立製作所の性能比較をします。三菱電機の霧ヶ峰には、ムーブアイという高機能センサーが搭載されているのです。このムーブアイの機能は、人間の体感温度を0.1℃単位で検知する事が出来ます。体の部位ごとに判別出来、部屋の明るさや間取り、天井との距離や床等をチェックして自動検知して頂けます。人間の場所のみならず体感温度まで測定出来る最新技術のセンサーが使われています。広いリビングをはじめ人がよく動く場所で、能力を発揮するのが霧ヶ峰のムーブアイセンサーとなっています。一方で日立製作所のエアコンは、白くまくんです。白くまくんは、数あるエアコンメーカーの中で唯一、ステンレス素材を採用しています。ステンレスにする事で防汚効果があります。また、カメラ機能を有しており、画像カメラによって人の周囲の温度を検知してくれます。上位機種となると家具の配置や形状を確認して気流の通り道を自動でコントロールして頂けます。ムーブアイセンサーでは、細かい温度まで検知出来ます。白くまくんでは、気流の流れを確認して空気を循環出来るのです。どちらのエアコンも高性能な機能を持っており、全て自動でコントロールをしてくれます。それぞれ省エネ性能にも優れており、年間の電気代も抑える事が出来るメリットがあります。以上、エアコンの性能比較をしましたが、メーカーによって特徴を持っているのです。エアコンの世界市場規模は、概ね8兆円から10兆円程度とされていますが、一般的に使用されている家庭用エアコンに限っては、約2~3兆円と言われています。シェアから見た場合に日本においては、2011年のGfK Japanのデータを1例とすれば、パナソニックが24%、富士通が15.2%、ダイキンが14%となっており、日経によるデータでは、パナソニック26.7%、ダイキン19.1%、三菱電機12.2%、日立11%、東芝10.4%、富士通が10.3%となっています。

オススメサイト/女性向けエステ.com/マッサージのリアル口コミ.com/住宅リフォーム総合情報/貯蓄/アフィリエイト相互リンク/JALカード/女性の人生/ショッピングカート/驚愕頭部/ショッピングカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です