業務用エアコンに対応したダイキンのエアコンクリーニングについて

エアコンの製造販売を行っており大手企業の1つにダイキンがあります。ダイキンでは、シーズン中にフル回転となる業務用エアコンに対してエアコン洗浄サービスを設けており、ベストコンディションを保つことによって省エネ化や、機器の長寿命を図れることができるようになっています。ダイキンでは、保全内容として熱交換器洗浄のガイドラインを設けており、ここでは、店舗、福祉・医療、事務所、工場、工場事務所棟といった業種ごとに、経過年数によって洗浄時期の経過年数を推奨しています。例えば、店舗などでは3~4年目に1回目の洗浄を推奨しており、6~7年目で2回目、9~10年で3回目、12~13年で4回目の洗浄を提示しています。ダイキンが提供するクリーニングには、大きく2つの内容があり、まず、洗浄剤「エコフィンKirei」の使用があります。一般的な洗浄剤の場合には、汚れに加えてフィン表面のコーティング剤も洗い流してしまうためにアルミ材がむき出しになり、水飛びや汚れがこびり付く原因になります。「エコフィンKirei」では、汚れのみを取り除くことができるようになっているために、エアコンの性能維持や長期寿命を図ることができるようになっています。2つ目としては、銀イオン抗菌剤の使用があります。銀イオン抗菌剤をドレンパンに置くことで、臭いや詰まりの原因となるスライムやカビの発生を抑制することができます。実際、ダイキンによる検証では、微生物数が1日目、薬1,000個/ccから4日目には1個まで減少をしており、高い効果が立証されています。