家庭用エアコンにてダイキンと東芝のエアコンの比較情報について

ダイキンや東芝といったメーカーは、エアコンを製造販売している大手メーカーとなっています。ダイキン工業は、業務用エアコンをはじめ家庭用エアコンまで幅広い空調設備で有名なメーカーです。ダイキンの製造するエアコンは、うるるとさららと言うシリーズが最も人気があり、様々なエアコンメーカーの中で唯一、加湿が出来る特徴が持っているのです。エアコン性能は、全体的にバランスが取れており、ストリーマを搭載している点も大きな特徴となっています。ストリーマは、ダイキン工業が開発した独自の最新技術で、フィルターで捕らえたカビやダニ、花粉を分解する機能を持っています。カビ菌や悪臭の原因となる菌を分解したり、除菌出来る優れた性能があります。価格帯が少し高い分、充実したアフターサービスも有名です。24時間、365日コールセンターへ連絡が取れます。一方、東芝のエアコンは、その他のメーカーと比較していち早くPM2.5への対応機種を出しています。空気清浄機能に特化させている点も特徴となっています。電気集塵方法のプラズマ空気清浄で、細菌や花粉を抑える事が出来るのです。ダイキンと比較すると加湿機能は無いもののストリーマ機能に近い機能を有しています。集めた汚れは、自動にて処理する為、手間無しです。以上、ダイキン工業と東芝を比較するとそれぞれに特徴のある機能が搭載されています。空気清浄やPM2.5等、目的に合ったエアコンを比較検討すると良いです。