エアコンを壁掛け業務用エアコンにする場合

夏場大活躍するエアコンで壁掛けで業務用エアコンとなると様々な特徴があります。
家庭用と違い広さや馬力省エネ具合も
どの業種の室内かでどの性能が合うか変わるのが業務用のポイントです。
壁掛けの場合取り付け工事は簡単でサイズが小さいのですっきりしています。
業務用なので風量は格段に上です。
また省エネ具合はあまりに規模が大きすぎるのは対応出来ない事があります。
事務所系の場合効き過ぎに対応するものが適しています。
商店系の用なサービス業場合かなり負荷がかかるので
省エネで出費をサポートするタイプが金銭的にあっています。
ただしホテル系となると快適さを優先せねばならない為
省エネよりそこの規模や状態に合うのを選ばなければなりません。
工場作業場系の場合凡庸性が高いものもありますが専門的な種類もあります。
医療介護系では利用者の種類によって
何が適しているかの種類が多く中には臭い対策の物もあります。
学校の場合事務所系とサービス系が複合しているため
利用する部屋によってエアコンの種類が変わります。
業種によって対応の大きさが違います。
最小の各業種の目安として事務所系だと7坪から10坪
商店系だと5坪から7坪、喫茶店美容院だと
4坪から5坪で食堂の場合は3坪から5坪となります。
又馬力数も内容毎に変わっていて1,5馬力から30馬力かソレ以上まであります。
省エネの場合だと12馬力前後以上は無理がある様です。
冬場の気温が低い地域は1から2馬力多く見積もらないと快適さに問題が起きます。