業務用エアコンは、家庭用エアコンと違い「動力」という特別の電力を使用します

業務用エアコンはハイパワーであることが求められる製品です。広い空間を効率的に冷房するためには、一般家庭用のエアコンではやはりパワーの面で物足りなさもありますし、効率の低さからかえって電気代が高くなってしまいます。
一般家庭用のエアコンも、小さな部屋向けの100vのモデルや12畳や14畳といった比較的広い部屋向けの200vのモデルが各社とも用意されているのはご存知のとおりですが、業務用エアコンは普通の家庭で使用している電気契約とは異なる電力を使用します。それは「動力」と呼ばれる三相3線式という200vの電力です。家庭向け電灯線とは異なる形式で、同じ200vの電圧であっても動力を使用する業務用エアコンは、単相3線式を使用している家庭用200vコンセントへの接続はできません。
それでは動力電源を使用するメリットはどのようなものでしょうか。その最も大きなメリットは電気代の節約です。動力契約は基本料金は高めに設定されているのですが、使用料金は安く抑えられておりますので、ハイパワーな機器を連続稼働させるといった運用の仕方をする場所に向いています。もちろん業務用エアコンの本体価格や設置工事費用などのコストもある程度高額となりますので、総合的にどのようなエアコンを設置するかは、建築会社や電力会社と相談の上決定することをおすすめしますが、オフィスや工場であれば耐久性の観点からも業務用エアコンの設置が理想的です。